スムージーの教科書 | スムージーの基礎知識やお役立ち情報をご紹介

スムージーで野菜にぴったりな果物一覧

      2015/07/17

果物リストはこちら

果物リスト

  1. バナナ
  2. ブルーべリー
  3. オレンジ
  4. グレープフルーツ
  5. イチゴ
  6. ラズベリー
  7. マンゴー
  8. スイカ
  9. リンゴ
  10. パイナップル

バナナ

【別名】

芭蕉(ばしょう)。
昔、日本で呼ばれていたとのことです。

【分類】

バショウ科に分類されます。

【成分】

たんぱく質、カリウム、マグネシウム、ビタミンB1/B2/B6、食物繊維など

【効果】

肌荒れ予防、利尿作用でむくみ解消、便秘予防、疲労回復など

■バナナを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「バナナ(1本)」以外に「ヨーグルト(100g)/氷(3~4個)/はちみつ(大さじ1~2)」です。

皮をむいたバナナとヨーグルトと氷とはちみつをミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「イチゴ(3~4個)/りんご(1/4個)」を加えるのもオススメです!

ブルーべリー

【和名】

ブルーべリー。

【分類】

ツツジ科に分類されます。

【成分】

ビタミンA/E、ポリフェノール、アントシアニン、ベータカロチンなど

【効果】

視力回復効果、眼精疲労の軽減、疲労回復など

■ブルーベリーを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「ブルーベリー(4~6個)」以外に「ヨーグルト(100g)/はちみつ(大さじ1~2)/氷(3~4個)」です。

ブルーベリーとヨーグルトとはちみつと氷をミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「イチゴ(3~4個)/レモン汁(適量)/りんご(1/4個)」を加えるのもオススメです!

オレンジ

【和名】

甘橙(アマダイダイ)又は甘代々(アマダイダイ)。

【分類】

柑橘類に分類されます。
柑橘類は他に、「レモン、グレープフルーツ」などがあります。

【成分】

ビタミンC、カリウムなど

【効果】

美肌、風邪予防、便秘予防(解消)など

■オレンジを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「オレンジ(1個)」以外に「ゴールドキウイ(1個)/人参(1/2個)はちみつ(大さじ1~2)/水(100cc)」です。

皮をむいたオレンジとキウイと人参とはちみつと水をミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「マンゴー(1/2個)/りんご(1/4個)/グレープフルーツ(1/4個)」加えるのもオススメです!

グレープフルーツ

【和名】

グレープフルーツ

【分類】

柑橘類に分類されます。
柑橘類は他に、「レモン、オレンジ」などがあります。

【成分】

ビタミンC、クエン酸、リモネン、リコピン、食物繊維など

【効果】

美肌、風邪予防、ストレス解消、血流改善、ダイエットなど

■グレープフルーツを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「グレープフルーツ(3/4個)」以外に「りんご(1/2個)/水(150ml)」です。

グレープフルーツとカットした皮付きのりんごと水をミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「パイナップル(1/4個)/イチゴ(2~3個)」を加えるのもオススメです!

イチゴ

【和名】

和蘭苺(オランダイチゴ)。

【分類】

イチゴは、分類上野菜に分けられます。
しかし、市場では消費される形態に合わせて分類されるので
スーパーなどでは果物売り場に並びます。

【成分】

ビタミンC、カリウム、食物繊維など

【効果】

むくみ解消、美肌、貧血予防、便秘解消など

■イチゴを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「イチゴ(3~4個)」以外に「バナナ(1本)/りんご(1/4個)/牛乳(100cc)」です。

ヘタをとったイチゴと皮をむいたバナナとカットした皮付きのりんごと牛乳をミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「はちみつ(小さじ1)/ブルーベリー(30g)/レモン汁(適量)」を加えるのもオススメです!

ラズベリー

【別名】

木苺(キイチゴ)。

【分類】

バラ科キイチゴ属に分類されます。
キイチゴの代表格でもあります。

【成分】

ビタミンC/E、カリウム、食物繊維など

【効果】

肥満予防、疲労回復、動脈硬化予防、美肌など

■ラズベリーを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「ラズベリー(5~10個)」以外に「砂糖(大さじ1)/牛乳(100~200cc)」です。

ラズベリーと砂糖と牛乳をミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「イチゴ(5~6個)/ブルーベリー(5~10個)/クランベリー(5~10個)」を加えるのもオススメです!

マンゴー

【別名】

菴羅(あんら)、菴摩羅(あんまら)。

【分類】

ウルシ科に分類されます。

【成分】

βカロテン、ビタミンA/C/B1/B6、カリウム、食物繊維など

【効果】

美肌、老化防止(アンチエイジング)、貧血予防、むくみ解消など

■マンゴーを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「マンゴー(80g)」以外に「ヨーグルト(100~200ml)/はちみつ(大さじ1)」です。

マンゴーとヨーグルトとはちみつをミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「バナナ(1本)/人参(1/2本)/りんご(1/4個)」を加えるのもオススメです!

スイカ

【和名】

西瓜(スイカ)。

【分類】

ウリ科に分類されます。

【成分】

水分(とても多く含んでいる)、カロテン、リコペン、カリウムなど

【効果】

疲労回復、利尿作用、血流改善、夏バテ防止など

■スイカを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「スイカ(大玉1/8個)」以外に「ヨーグルト(100~200ml)/牛乳(100~200cc)/砂糖(大さじ1)/氷(3~4個)」です。

種をとったスイカとヨーグルトと牛乳と砂糖と氷をミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「梨(1/4個)/パプリカ(1/2個)/バナナ(1本)」を加えるのもオススメです!

リンゴ

【別名】

西洋林檎(セイヨウリンゴ)。

【分類】

バラ科に分類されます。

【成分】

ビタミン、カロテン、カリウム、食物繊維など

【効果】

血液さらさら、整腸効果、美白、むくみ解消、疲労回復など

■りんごを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「りんご(1個)」以外に「牛乳(100cc)/はちみつ(大さじ1)」です。

カットした皮付きのりんごと牛乳とはちみつをミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「バナナ(1本)/人参(1/2個)/ブルーベリー(5~10個)」を加えるのもオススメです!

【別名】

有りの実(ありのみ)。

【分類】

バラ科に分類されます。

【成分】

水分(とても多く含んでいる)、ビタミン、カリウムなど

【効果】

整腸作用、疲労回復、消化促進、血液さらさらなど

■梨を使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「梨(1個)」以外に「マンゴー(1/2個)/水(100cc)」です。

梨とマンゴーと水をミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「キウイ(1個)/りんご(1個)/みかん(1個)」を加えるのもオススメです!

【和名】

モモ。

【分類】

バラ科に分類されます。

【成分】

カリウム、ビタミン、食物繊維など

【効果】

美肌、便秘解消、疲労回復、むくみ解消など

■桃を使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「桃(1個)」以外に「バナナ(1本)/牛乳(1002~00cc)/氷(3~4個)」です。

桃と皮をむいたバナナと牛乳と氷をミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「オレンジ(50g)/アロエ(適量)/ラズベリー(5~10個)」を加えるのもオススメです!

パイナップル

【和名】

パイナップル。

【分類】

パイナップル科に分類されます。

【成分】

ビタミンC/B1、鉄、マグネシウム、食物繊維など

【効果】

美肌、便秘解消、疲労回復、夏バテ予防など

■パイナップルを使用したスムージーのレシピ(1人分)

使用する材料は、「パイナップル(1/2個)」以外に「キウイ(1個)/バナナ(1本)」です。

パイナップルとキウイと皮をむいたバナナをミキサーにかけて完成です!

味のアレンジとして「りんご(1/4個)/マンゴー(1/2個)/ヨーグルト(200g)」を加えるのもオススメです!

 - お役立ち, その他, スムージーの知識