スムージーの教科書 | スムージーの基礎知識やお役立ち情報をご紹介

効果的なスムージーの摂り方!知識編!

      2015/07/17

効果的なスムージーの摂り方!

目次

摂取の習慣化!

体調の変化を実感するためには、最低2~3ヶ月は続ける必要があります!
コツコツ続けることによって、免疫力アップにもつながります!
例えば、風邪を引きにくくなったなど!

摂取するタイミング!

オススメしたいのは、「朝」です!
「昼」や「夜」だと外食が多く(社会人の方など)栄養管理が特に難しいため!

スムージーを作ったら、すぐ飲むこと!

上記の「摂取するタイミング」で「朝」をオススメしましたが、
ひとつ注意して頂きたいことがあります。

それは、前日に作り置きをせず「朝」作ること!

基本的に、スムージーは作ったら「なる早」で飲まなければいけません!
時間をおいてしまうと、スムージーに使用した「野菜(葉野菜のみ)」「果物」の酸化が進み栄養価が下がってしまいます。
栄養価が、下がった状態で長期間摂取しても本来得られるであろう効果を得ることができなくなる恐れがあります!

効果的な食材の組み合わせ!

摂取する栄養を偏らせないためにも、多種類の食材を組み合わせてください!
多種類の食材を組み合わせたスムージーを作ることによって自分のレシピの幅を広げることができ…

自分が求める健康的な「カ・ラ・ダ」を作り上げることができるかもしれません!

ちなみに、「野菜(葉野菜のみ)」「果物」を摂ることはイイことですが、毎日同じものを摂りつづけるのは「逆効果」となります!

毎日同じものを摂りつづけることによって「※1 遅延型フードアレルギー」を引き起こす可能性が高くなります。

※1 遅延型フードアレルギーとは?
食物を摂取してから、数時間~数週間後に症状が表れるアレルギーです。
症状としては、「肌あれ」「倦怠感」「肩こり」「イライラ」など多彩です。

【遅延型フードアレルギーの原因として代表的な食品】
ヨーグルト、牛乳、チーズ、バナナ、パイナップル、メロン、スイカ、柿などがあります。

 - スムージーの知識, 基礎知識